FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪都構想実現して、「商都大大坂」を復活させて欲しい!!

橋下氏が大阪市長に当選し、松井氏が大阪府知事に
当選してから半年以上経ち、大阪復活に向けての足並みが
揃い始めました。

その時に
大阪復活に関連した記事を発見したので
下記にコピーします。


明治維新の際、首都は大阪だった?


サンスポ 2011/11/29 09:18更新

明治維新の際、首都をどこにするかで
元勲大久保利通らは「大阪に」と話を進めたそうだ。
しかし、商人の町大阪には
そのまま役所や学校として使える土地建物が少なく
諸大名の上屋敷などが使える江戸なら金がかからずに済む
ということで話は決まったとか。
加賀藩前田邸跡の東京帝国大学などがいい例だという。



大阪市長選で「大阪都」構想を掲げて
橋下徹前大阪府知事が圧勝し
そんな歴史のこぼれ話を思い出した。
週刊誌のすさまじいネガティブキャンペーンや
反独裁の共同戦線も何のその。
大阪都に賛成の有権者が62%という数字をバックに
フタを開けたら約23万票差の圧勝だった。


その人間性などは別にして
旧弊に大なたをふるい根底から変えようという橋下氏の
エネルギッシュな言動に
大阪の人たちは多少のリスクを承知で乗った感じもする。
だから大阪はおもろいのだが、おもろいだけは済まない。


応援演説で石原都知事が
「この国はそろそろ潰れる。大阪がしっかりしないと」
と言ったのもあながち大げさには聞こえない。


 先日、政府の地震調査研究推進本部が東日本大震災を受け
三陸・房総沖での大地震発生確率の見直し結果を公表した。
今後30年以内に最大でM9級の大地震が起きる確率が30%というから怖い。
しかし、首都圏が壊滅的な打撃を受けても
「大阪都」のバックアップで日本は何とか持ちこたえられるかもしれない。



 1869年の東京遷都からおよそ140年たって
大阪都も現実味を帯びてきた。

東日本大震災では一極集中の危うさがわかった。

一大阪だけでなく、地震国日本がどう生きていくか
という大きなテーマにもつながるのではないか。

(今村忠)



大阪は面積が狭く、大阪市だけだと222万k㎡と
言う狭さで、その中に多いときで300万人近く
住んでました。

人工島建設により、大阪府は日本一面積の狭い都道府県から
脱したものの、大阪市は狭いままで、その中で
ビックプロジェクトが多数行われているので
都市機能がいづれパンクするだろう?


そのためにも大阪府と大阪市を一つにして
「大阪都」にし、大阪市と堺市とその周辺の市を
統合することにより、東京23区同様の都市規模に
して、石原東京都知事曰くの
「東京と大阪で日本のツインエンジン!!」
にならなければいけない。



思います。

早い話!!

江戸時代の頃のように

日本の政治の中心は、東京

日本の経済の中心は、大阪

文化の中心は

東京と大阪に

なって欲しいです!!



今、石原東京都知事が

「大阪都の「都」はどういう意味だ?

首都じゃないのに。」


と疑問に感じてるけど

江戸時代の

「天下の台所、大大坂」

「商都、大大坂」

として

日本の経済を動かしていた

頃を復活させて



財務省や経済産業省などの

経済に関する国の機関を大阪に移転させ

日本の金融業務も、まずは東京と折半し

徐々に大阪へシフトして行けば



日本の経済首都「大阪都」

の定義が成り立つと思います。


まずはフランクフルトみたいな

ドイツの経済首都、金融センター

みたいになることですね?


最終的には

中国の

北京(政治の中心)と上海(経済の中心)の

関係です!!

そうなったら


「東京と大阪で日本のツインエンジン!!」

が本当の意味で成り立つと思います。


絶対に大阪都構想を実現させて

夢を現実にして欲しいです!!!!






スポンサーサイト

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

商都大大阪

なるほど☆
経済の中心ですか!

商都大大阪に戻って欲しいです。

このまま東京一極集中が進むと、都市機能としてパンクし、東京大震災、東日本大震災、次に来る恐れがある南海トラフ地震で被害が起きたら、日本全体が取り返しのつかないことになります。そのためにも首都機能、経済、文化を分散させ、折角、明治維新前までの商都大大阪があるのだがら、生かさないともったいない気がします。
プロフィール

ふりふき

Author:ふりふき
カープ県在住のふりふきです。地方から日本を元気にしよう!!

在住地: カープ県サンフレッチェ市
性別: 男
趣味: スポーツ観戦
    街並みをぶらつく
     飲食

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。