FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球16球団化実現したら

昨日の記事の続きです。

もし、本拠地が決まって

チーム名も決まり

僕の理想ですけれど、発表したいと思います。



セ・リーグ



和歌山ソルジャーズ

本拠地:和歌山県和歌山市

運営母体:J2セレッソ大阪のスポンサーヤンマーディーゼル


このチームは活動休止中の関西独立リーグ、ソウル・ヘチの流れを
継いでできた。



湘南シーレックス

本拠地:神奈川県平塚市

運営母体:シダックス

社会人野球シダックスがNPBに加盟、横浜DeNAベイスターズの2軍から買収する形になる



パ・リーグ


ネスレグリーンアローズ

本拠地:兵庫県神戸市

運営母体:ネスレジャパン

このチームは兵庫県にあった阪急ブレーブス~オリックスブレーブス~オリックスブルーウェーブの

ファンも熱心な思いで設立され、その球団の流れを汲む。監督、コーチもそれらの出身者で

固められている。



岡山ピーチピストルズ

本拠地:岡山県倉敷市

運営母体:ベネッセ・コーポレーション

プロ野球チーム誘致に必死な岡山県と以前岡山に本社のあったベネッセ・コーポレーション

によって設立され、中国地方ではカープに続き、二番目のプロ野球球団となる。

カープとの交流戦では「山陽ダービー」もしくは「瀬戸内ダービー」と言われる。



どうでしょうか?

デザインについては後ほど発表しますね。
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

プロ野球16球団化

今の日本のプロ野球は12球団のままです。

2004年に大阪近鉄バッファローズとオリックスブルウェーブの合併合意
以来、1リーグ10球団にすると言う話があったけど

選手会の1リーグ10球団の反対により、今まで通り
2リーグ12球団を維持できたものの、大阪近鉄バッファローズは
合併により、消滅して、その補充の新規参入で
東北、仙台に「東北楽天ゴールデンイーグルズ」ができて
球団数はそのままです。

だが
米大リーグは新規参入による
30球団まで増えました。

今、現在、四国アイランドリーグplusベースボール・チャレンジ・リーグ関西独立リーグと言った
独立リーグがあり、年俸制があるけど、しっかりとしたプロ野球組織でなく、NPBを目指す選手の受け皿として選手育成組織扱いになっており、プロ野球のドラフト会議でも社会人扱いになっています。


プロ野球16球団制のブログ、プロ野球2リーグ16球団の夢で4球団増やすのならどこがいいかと書いてあったのを見ました。


静岡や京都、松山、新潟と言う意見が多く

「16球団になれば2リーグ4地区制」にすると書いてありました。


ここで僕の主観的な意見になりますけど

こないだの記事や関西復権を考えると

神奈川湘南エリア、岡山、神戸、和歌山

置くのがいいと思います。


今、現在、12球団で

一球団につき、1シーズン144試合、内交流戦が24試合の交流戦は

各対戦が4試合(ホーム/ビジター入れ替え2試合づつ)」

になってるけど



16球団になれば

一球団につき、1シーズン108試合、内交流戦が8*4=32試合の交流戦は

各対戦が4試合(ホーム/ビジター入れ替え2試合づつ)」

になりますね?



もし、「16球団になれば2リーグ4地区制」だったら

どうなるのでしょう?

交流戦では、米大リーグの

インターリーグみたいに

アメリカン、ナショナル両リーグの東地区同士、中地区同士はどちらかのホームで3試合の計15試合

西地区同士のみホームとビジター各2回ずつ4試合計16回試合を実現し


「サブウェイ・シリーズ」(ニューヨーク・ヤンキースvsニューヨーク・メッツ)



「ウィンディシティ・シリーズ」(シカゴ・カブスvsシカゴ・ホワイトソックス)

更には「フリーウェイ・シリーズ」(ロサンゼルス・ドジャースvsロサンゼルス・エンゼルス)

「ベイブリッジ・シリーズ」(サンフランシスコ・ジャイアンツvsオークランド・アスレチックス)

など、同じ都市や州を本拠地とするチームによる直接対決と言う形になるでしょう?


それらは同じリーグでも全てのチームと対戦するわけではないですね?


ここ狭い日本は、広いアメリカみたいに

「16球団になれば2リーグ4地区制」と言う形を取らないで

今まで通りの戦いをすればいいと思います。


では次へ続きます。

今のカープの打線、近い将来的には

カープは今の所、3位です。

今日もDeNAに大勝です。

今のカープの打線を見ると

1、赤松(左)
2、菊池(二)
3、梵(遊)
4、岩本(一)
5、堂林(三)
6、丸or天谷(中)
7、広瀬(右)
8、石原(捕)
9、投手

のオーダーになってる。

しかも外野陣は

岩本、広瀬、丸、天谷、赤松、迎と言う

層が厚くて、誰がレギュラーになっても

おかしくないし、競争も激しい。


もし、栗原や東出が復帰して、近い将来を考えると


1、菊池 or 東出(二)
2、梵(遊)
3、岩本(左)
4、栗原(一)
5、堂林(三)
6、丸 or 天谷(中)
7、広瀬 or 赤松(右)
8、石原(捕)
9、投手


このような純国産打線だな?

浩二や衣笠がいた頃のようになって欲しい。



テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

プロ野球も地方の時代?

今日のカープはDeNAに2-1の接戦で勝利!!!

今日のカープは勝ーち勝ーち勝っち!!勝ち!!

ここんところカープはBクラス止まりでCSにも一度も出たことがないけど

地元の熱い応援に支えられてる。

やっぱ、おらが街のスポーツチームを応援するって( ・∀・) イイネ!


ここでプロ野球の流れをみていただきたい。

昭和まで

セ・リーグ

読売ジャイアンツ(東京都文京区)、ヤクルトスワローズ(東京都渋谷区)、横浜大洋ホエールズ(神奈川県横浜市)

阪神タイガーズ(兵庫県西宮市)、広島東洋カープ(広島県広島市)、中日ドラゴンズ(愛知県名古屋市)


都会(首都圏、京阪神)4球団、地方(首都圏、京阪神を除いた地方)2球団


パ・リーグ

西武ライオンズ(埼玉県所沢市)、日本ハムファイターズ(東京都文京区)、ロッテオリオンズ(神奈川県川崎市)

阪急ブレーブス(兵庫県西宮市)、近鉄バッファローズ(大阪府藤井寺市)、南海ホークス(大阪府大阪市)


パ・リーグに関しては、全部都会(首都圏、京阪神)


平成になってから


セ・リーグ

読売ジャイアンツ(東京都文京区)、ヤクルトスワローズ(東京都渋谷区)、横浜大洋ホエールズ(神奈川県横浜市)

阪神タイガーズ(兵庫県西宮市)、広島東洋カープ(広島県広島市)、中日ドラゴンズ(愛知県名古屋市)


パ・リーグ

西武ライオンズ(埼玉県所沢市)、日本ハムファイターズ(東京都文京区)、ロッテオリオンズ(神奈川県川崎市)

オリックスブレーブス(兵庫県西宮市)、近鉄バッファローズ(大阪府藤井寺市)、福岡ダイエーホークス(福岡県福岡市)


ホークスがダイエーに売却されたと同時に地方へ移転しましたね?


近鉄消滅まで


セ・リーグ

読売ジャイアンツ(東京都文京区)、東京ヤクルトスワローズ(東京都渋谷区)、横浜ベイスターズ(神奈川県横浜市)

阪神タイガーズ(兵庫県西宮市)、広島東洋カープ(広島県広島市)、中日ドラゴンズ(愛知県名古屋市)


パ・リーグ

西武ライオンズ(埼玉県所沢市)、北海道日本ハムファイターズ(北海道札幌市)、千葉ロッテマリーンズ(千葉県千葉市)

オリックスブルーウェーブ(兵庫県神戸市)、大阪近鉄バッファローズ(大阪府大阪市)、福岡ダイエーホークス(福岡県福岡市)


ホークスに続き、ファイターズも地方移転しましたね?パ・リーグの球団移転はロッテの川崎から千葉への移転以来
12年ぶり。


現在


セ・リーグ

読売ジャイアンツ(東京都文京区)、東京ヤクルトスワローズ(東京都渋谷区)、横浜DeNAベイスターズ(神奈川県横浜市)

阪神タイガーズ(兵庫県西宮市)、広島東洋カープ(広島県広島市)、中日ドラゴンズ(愛知県名古屋市)



パ・リーグ

埼玉西武ライオンズ(埼玉県所沢市)、北海道日本ハムファイターズ(北海道札幌市)
千葉ロッテマリーンズ(千葉県千葉市)

オリックスバッファローズ(兵庫県神戸市、大阪府大阪市)
東北楽天ゴールデンイーグルス(宮城県仙台市)
福岡ソフトバンクホークス(福岡県福岡市)


パ・リーグは半数が地方になってますね?

地方のチームからはスター選手が続出してます。



ダルビッシュ有(北海道日本ハムファイターズ、現在は米大リーグ、テキサス・レンジャーズ)
斎藤佑樹(北海道日本ハムファイターズ)
中田 翔(北海道日本ハムファイターズ)
田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)

ソフトバンクは豊富な資金力を元にFAで有能なスター選手が、地方都市福岡に集結してますね?


昔のパ・リーグは「実力のパ」のみで、人気はなかったけど

今のパ・リーグは実力も人気もありますね!!

12球団全体で見てみると、半数近くが地方です!!地元のファンに支えられてます。

それを考えると、プロ野球も地方の時代ですね?

こっちはカープの応援に益々力を入れないと・・・・・・



プロフィール

ふりふき

Author:ふりふき
カープ県在住のふりふきです。地方から日本を元気にしよう!!

在住地: カープ県サンフレッチェ市
性別: 男
趣味: スポーツ観戦
    街並みをぶらつく
     飲食

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。